電動工具を使ってDIYしよう!揃えるべき3つの工具とは!?

  • -

電動工具を使ってDIYしよう!揃えるべき3つの工具とは!?

ねじ締め作業にはこちら!

木工を接合する作業では主に木ネジを使ってのものになるでしょう。そうした作業で大活躍するのがドライバードリルという工具なんですよ。このドライバードリルは名前のとおり、ドリルとドライバー2パターンの機能を持ってます。ドライバードリルには様々なのビットが用意されています。ドリルビットは下穴を開けて、ドライバービットは木ネジを締め付けますよ。これまでは穴あけや締め付け作業を手で行っていたんですよ。それがドライバードリルが出回ってきたことによって作業効率が格段にアップしました。またコードレスのドリルドライバーなんてものまであるんですよ。電源確保が難しい屋外の作業でも活躍してくれますね。

カット作業はこちら!

カット作業するにはジグソーを使いましょう。ジグソーは狭い幅ではありますが、刃を上下に動かしながら材料をカットしていきます。ただしカットスピードが丸ノコよりとても遅いのが欠点です。でも、細い刃を使っているから、丸ノコではカットするのが難しい曲線などが簡単にカットできますよ。また、専用の刃を交換すれば木だけではなくて、その他の素材、例えばプラスチックや金属までも簡単にカットすることができるんですよ。用途が幅広いですよね。

研磨作業するならこれ!

木材を加工するとどうしても加工した面にささくれやバリが発生してしまいますよね。また、木材によってはざらざらしていたりして、この状態のまま家具などとして使えませんし、もちろん塗装することもできませんね。ですから、木材の表面を綺麗にするために紙ヤスリを使って表面を研磨して、なるべくなめらかにする必要があります。その作業は小物であれば、さほど苦労しないでしょう。しかし、研磨する面積が広かったり、研摩しないといけない材料が多ければ多いほど、時間がかかりますし、第一労力が必要です。やっているうちに億劫になってくるでしょう。そうしたことを避けるために、電動サンダーを使うようにすると時間も労力もカットすることができますよ。

不用になった電動工具が存在する場合、電動工具の買取を依頼することで、お得に不用品処分を行うことができます。